融資と財政のバランスについて

融資と財政のバランスについて

融資と財政のバランスについて

財政って会社を経営しているひとにとってそうそう楽ではないんではないでしょうか。私の兄は実際に会社を経営しているんですが、その財政は決して楽ではありません。経営がうまくいっている時は銀行から融資も楽に得られていたようなんですが、実際に経営がうまくいってないときほど融資が得られないというジレンマに苦しんでいるようです。実際に会社を経営しているひとってこのおかしなバランスによってつねにおかしくなってるんではないでしょうか。この必要でないときに資金が得られてどうしても資金が必要な時になかなか資金が得られないっていう現在の銀行や信用金庫のシステムには正直言って常々疑問に思ってきました。不況が長引く日本で企業が10年間存続できる可能性はほんの数パーセントの確率です。実際に私の兄が経営している会社も経営状況が必ずしも良いとは言えません。実際になかなか融資が得られないって話してくれました。大企業ですら経営が難しい状況なんですから無理もないでしょう。では、いつからこのような金融のシステムになっているんでしょうか。強者が生き残るためのシステムであるとしか私には思えません。大企業なら先行投資のための融資が出来れば企業は繁栄できると思います。でも、中小企業にとってははたしてそのような金融システムでやっていけるのでしょうか?現在は国としても中小企業向けの融資をおこなっているようなんですが、そのような融資はあくまで小規模な融資に過ぎず対応が間に合っているとはとても思えません。現在の中小企業の経営の選択肢は限りなく少ないと思います。しかも、その少ない選択肢を一つでも間違えると倒産の危機が常に迫ってくるんです。それはあまりにも厳しい現状なのではないでしょうか。もうちょっとゆとりのある選択をさせてあげてもいいのではって思います。財政を豊かにするには余裕のある資金がどうしても必要になってくるんですが、一から企業を興したベンチャー企業にはその初期投資金が本当に乏しい中でチャレンジをするんですから厳しい世の中になるのも当たり前ですよね。

オススメワード